「神様は生きている」 L.i.C

宗教改革者として有名なマルチン・ルターの話です。

彼は、1519年10月31日ウィッテンベルグ教会の扉に
95ヵ条の言葉を書いて貼り出した勇敢な修道士でした。
当時、ルターを毛虫のように嫌って
「ルターこそ、神に背く、恐ろしい男だ」と迫害する人もたくさんいたのです。

ですからルターは、一晩中考え込んだり、祈ったりしていました。
すっかり疲れ、目がくぼんでしまいました。

ある日のことです。
その日も、一晩中考え込んで、とうとう朝になりました。
その時、突然ドアをノックする音が聞こえました。
そしてルターの奥さんが部屋に入って来ました。
見ると喪服を着ているではありませんか。
驚いたルターは、「だれか死んだのかい?」と聞きました。

「はい」
“「神様は生きている」 L.i.C” の続きを読む

「耳を傾ける愛」 L.i.C

ある町の警察署に新しい所長が就任して以来、
犯罪や交通事故の件数が大幅に減ったそうです。

それは、この署長さんが、犯罪者に対してもいつも謙虚に物を尋ね、
相手の話に耳を傾けたからです。

ある時、暴走族と話し合った折に、彼らのことばに耳を傾け、
彼らの思いに体全体で共感し、むしろ彼らから多くのことを学ぼうともしました。

「私は何も知りません。ひとつ、みなさんの知恵を私に貸してください」
というのが彼の口ぐせだったそうです。
“「耳を傾ける愛」 L.i.C” の続きを読む

「人の考えにまさるピーチ(桃)」 L.i.C

『賛美の力』の著者マーリン・キャロザース師は、続く著書『賛美の祝福』が出版されたとき、
とても神様をほめたたえる気持ちにはなれませんでした。

それは、いくつかの誤植があったからです。

彼はこの誤植のためにも主をほめたたえようと思いましたが、
なぜこのことが益なのかどうしても理解できず、
これは単に出版社のミスにすぎないと怒り、出版社に苦情の手紙を出しました。

ところが、出版社から連絡を受けた時に、
それがどれほど間違った態度であったかを知らされました。
“「人の考えにまさるピーチ(桃)」 L.i.C” の続きを読む

「神様への感謝の力」 L.i.C

ある女性の証しです。

私は食べることが唯一の気晴らしでした。
きりなく食べているうちにどんどん太り、
夫は私に愛想をつかして家を出、離婚を要求してきました。

私は絶望して、死を考えるようになりました。

私は教会には休まず行き、祈ったり聖書を読んだりしましたが、
状況はいっこうに変わらず、むしろ悪くなる一方でした。
“「神様への感謝の力」 L.i.C” の続きを読む