「自由に生きるとは」 藤宮 真弓

MP3ダウンロードMP3ファイルを右クリック「対象ファイルをダウンロード」で保存できます

新約聖書:ガラテヤ人への手紙 5:1~15


5:1 キリストは、自由を得させるために、私たちを解放してくださいました。ですから、あなたがたは、しっかり立って、またと奴隷のくびきを負わせられないようにしなさい。

5:2 よく聞いてください。このパウロがあなたがたに言います。もし、あなたがたが割礼を受けるなら、キリストは、あなたがたにとって、何の益もないのです。

5:3 割礼を受けるすべての人に、私は再びあかしします。その人は律法の全体を行う義務があります。

5:4 律法によって義と認められようとしているあなたがたは、キリストから離れ、恵みから落ちてしまったのです。

5:5 私たちは、信仰により、御霊によって、義をいただく望みを熱心に抱いているのです。

5:6 キリスト・イエスにあっては、割礼を受ける受けないは大事なことではなく、愛によって働く信仰だけが大事なのです。

5:7 あなたがたはよく走っていたのに、だれがあなたがたを妨げて、真理に従わなくさせたのですか。

5:8 そのような勧めは、あなたがたを召してくださった方から出たものではありません。

5:9 わずかのパン種が、こねた粉の全体を発酵させるのです。

5:10 私は主にあって、あなたがたが少しも違った考えを持っていないと確信しています。しかし、あなたがたをかき乱す者は、だれであろうと、さばきを受けるのです。

5:11 兄弟たち。もし私が今でも割礼を宣べ伝えているなら、どうして今なお迫害を受けることがありましょう。それなら、十字架のつまずきは取り除かれているはずです。

5:12 あなたがたをかき乱す者どもは、いっそのこと切り取ってしまうほうがよいのです。

5:13 兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。

5:14 律法の全体は、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という一語をもって全うされるのです。

5:15 もし互いにかみ合ったり、食い合ったりしているなら、お互いの間で滅ぼされてしまいます。気をつけなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です