パン屋のМさんはクリスチャンになりましたが、日曜日が商売のかき入れどきなので、日頃主日礼拝に出席することができませんでした。
ある日曜日、礼拝に出席したMさんは、メッセージの中で什一献金の祝福について聞きました。
家に帰ってさっそく奥さんに「什一献金をしてみてはどうか」と話を持ちかけました。
さらに「日曜日には店を閉め、礼拝に出席してはどうか」とも話しました。
>>もっと読む

2016年 12月 3日(土) · カテゴリー 2016年12月  
    
2016年 12月 2日(金) · カテゴリー 2016年12月  
    

北海道の三橋萬利牧師は、小児麻痺のため身体が不自由で、講壇には奥様が背負われて上がられます。
このお二人の姿を拝見するたび、お互いに助け合う麗しさがひしひしと伝わってきます。
奥様の幸子(ゆきこ)さんは結婚の導きについてこう語っておられます。

「私は初め主人と知り合って『この人に良き助け手が与えられるように』と祈るようになりました。
>>もっと読む

2016年 12月 1日(木) · カテゴリー 2016年12月  
    
2016年 11月 30日(水) · カテゴリー 2016年11月  
    

アメリカのウエスト・コビーナにあるカルバリーチャペルの主任牧師をしているラウル・リース牧師の証しです。
彼は幼い頃、父親からひどい暴力を受け続けました。
それが彼の傷になり、やがて結婚しても、家族を全く愛することができませんでした。
ある夜、妻と子どもたちが教会に行った後、彼は一家心中を企て、ライフルを手に家族を待ちかまえていました。
彼はイライラしながらテレビのスイッチを入れました。
すると突然、チャック・スミス牧師の顔が映し出され、彼の説教が耳に入ってきたのです。
>>もっと読む

2016年 11月 29日(火) · カテゴリー 2016年11月  
    

1 / 39612345...102030...最後 »