「真の礼拝とは」 L.i.C

本当の意味で価値ある礼拝の時を持ちたいものです。

日頃どうしても慌ただしくなりがちな私たちの生活です。
自分の心を意識することがほとんどありません。
自分の心に注目することがもしあったとしても、それは意気消沈したときとか、絶望してどうしようもないときでしかありません。

ですから、週の初めに教会に行って、心を落ち着かせることは非常に有益なのです。
私たちは豊かな生活を追い求めていますが、一番根本の、心を安らかにし、豊かにすることを忘れてはなりません。
“「真の礼拝とは」 L.i.C” の続きを読む

「砕かれた心」 L.i.C

「主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、たましいの砕かれた者を救われる。」(詩篇34:18)

ダビデが意味する「心」と「たましい」は表現が違うだけで、実は全く同じものである。
私たちはからだと霊をもっている。
からだは、主なる神によって地のちりから造られたものであり、霊は主によってからだに吹きこまれた命の息である。
ところが地のちり(からだ)と命の息(神の霊)が合体したときに、第三の要素たましい(心)が生まれたのだ。
からだは地に属し、霊は天に属し、心は私という存在に属する。
“「砕かれた心」 L.i.C” の続きを読む

「根っこ」 L.i.C

ある農夫が収穫の日に神様につぶやきました。
「神様、私が願ったとおりに天気をあわせてくれませんか。そうするともっとたくさん刈り取ることができると思いますが」

すると神様は「そうか。それならあなたに一年間、天気を調節することができる権限を与えるよ」

農夫は喜んで、自分が願ったとおりに天気を調節しながら、一年間一生懸命に働きました。
“「根っこ」 L.i.C” の続きを読む