「目の前にコツコツいこう」 L.i.C

ヨセフは17歳のころ奴隷として、ポテパルの家に売られてしまいました。
奴隷にも階級があり、ヨセフは奴隷生活を底辺から始めました。
おそらく50~60人の奴隷がいたことでしょう。

ヨセフには能力、特に管理能力があって、そのためにどんどん位が上がっていき、ついに奴隷でありながらご主人のすべてのものの管理を任されました。

そして、ヨセフがご主人のすべてのものを管理する家令になった時から、朝露が静かに下りるようにして、神の恵みと祝福がポテパルの家全部に及びました。

「主人が彼に、その家と全財産とを管理させた時から、主はヨセフのゆえに、このエジプト人の家を、祝福された。
それで主の祝福が、家や野にある、全財産の上にあった。」(聖書/創世記39:5)

私たちが私たちの目の前にある任されたものを大切にする時、私たちの周りの人も繁栄しちゃうんです。

遠くを見ないで目の前に忠実に
└|o^▽^o|┐ コツコツいこう

□■□■□■□■□■□
【血液型より気質分析】1,200円
平野耕一著
◆自分を知って、自分を磨こうよ

ケイタイ→http://saiwainahito.com/cgi/m_goods_detail.cgi?CategoryID=180&GoodsID=683
PC→http://www.saiwainahito.com/29_683.html
デンワ→029-864-8031

□■□■□■□■□■□
★友だちに知らせたい★
登録したいお友達がいたら転送してあげて下さい♪(^-^)

【携帯ディボーションL.i.C】
↓ケイタイメールへ登録(空メール送信)↓
a7000059527@mobile.mag2.com
↓PCメールへ登録↓
http://www.mag2.com/m/M0059527.html
■□■□■□■□■□■
◇このみことばは、皆様の支援によって発信しております。
↓支援はコチラ↓ m(_ _)m
http://www.agapenet.jp/i/sien.htm

“「目の前にコツコツいこう」 L.i.C” への1件の返信

  1. 数少ないクリスチャンとして、日々この世との戦いに疲れた頃に起きた地震でした。
    家の中はひっくり返り、一晩中農家ゆえに作業場に火燵と石油ストーブ、蝋燭を持ち込んで夜を過ごしました。
    電気、ガス、水がなくても、作業場があり、お米が保存されてた事で、神様からの恵に感謝しました。自宅は辛うじて住める状態にあります。
    津波に破壊された沿岸地域の人達の極限状態を思う時、今生きていて、十分過ぎる物を与えられている神様の恵に最高に感謝します。
    今朝になって携帯が復旧しましたので、ディボーションが先程配信されました。
    有難うございます。東北人の粘り強い年輩者に学んで、若干51歳の私も頑張ります。
    蝋燭の光でも聖書のみことばを頂き、祈る事が出来た特権に感謝します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です